2016_12
30
(Fri)22:22

最終日

ドル円、現在116.92円。
ポンド円、現在143.92円。

米債利回りが急落してドル円も116円近くまで下落しましたが、
現在戻り基調です。
一部のポジが建値で刈られましたが、また入り直し&追加を入れています。

ポンド円は143円を割って142円台前半まで。
こちらは上のポジ幾つかが損切りとなりました。

全て処理しようかと思いましたがポンドルの日足がリバり始めたように見えるので、
まだ保有しています。
月が変わればユーロ買いポンド売りも落ち着くかなと思ってます。
すでにユロドル、ユロポンともにトップアウトしたように見えますが…。

結果的に保有ポジの割合がドル円6:ポンド円4ぐらいになりました。
結局、利確はせずに含み益500万弱で来年へ持ち越しになりそうです。


今年は本当に苦しく、いろいろ考えさせられる1年でした。

自分は頭が堅くて教科書的な考え方しかできず、
納得しないとポジが取れない(切れない)タイプだったのですが、
相場の世界では理屈的に正しいことが
そのまま結果につながるとは限らないということを身をもって理解しました。

そもそも理屈的に正しいことが本当に正しいのか分からないのかもしれません。

目に見える状況をすべて飲み込む。

そういう覚悟で来年はやっていきたいと思います。


最後に心が折れそうな時に励ましのコメント頂いた皆様ありがとうございました。
特にhonobonokさんのコメントには救われました。
自分の長所を見つめ直すことが出来ました。ありがとうございます。

では皆様、来年もよろしくお願いします。
良いお年を。


スポンサーサイト
2016_12
28
(Wed)23:34

ジワジワドル高

ドル円、現在117.75円。
ポンド円、現在143.73円。

欧米勢が相場に戻ってきてドル高が進んでおります。
ユロドル、ポンドルなどに比べドル円はジワジワとした動きですが、
それでも足元117円を割らなかったことは大きいです。

菅官房長官が為替について異例の発言をしてまして、
志摩さんのメルマガにも記載があったのですが、
「為替の危機管理はちゃんとやっている。私たちの為替への意識は強く、中途半端な決断ではない」とありました。

細かいことは省きますがw、
要は為替は国家管理されていると。

ETFで株を買い支えし、債権のイールドカーブもコントロールし、
実は為替もしっかり管理してます。

事の是非は置いておいても、ここまで言い切られると円安の安心材料となります。

志摩さんも日本政府から円安牽制発言が出てくるまでは円安でOKということかと
分析されておりました。

うん、じゃあまあ元々の戦略とも合うし、ドル円Lは持ち続けますかね。

問題はポンド円。

今日は欧州通貨が弱い弱い。
ポンドルだけでなく、月末、期末に実需のフローで強くなるユーロも今日は弱く、
ユロドルは現在すでに1.04を割っています。

保有ポジの割合を現在のドル円5割、ポン円5割から
少しドル円寄りにしてみようかと思っております。

血も出るし(損切り)、手術(資金管理とポジション構成)面倒なんだけど早めにやっておいた方がいいかな。
すでに遅いという話もありますがw

2016_12
27
(Tue)01:04

ああ為替

今日はOANDA休業日で何も出来ず。

GMOは15時までやってましたが、レート見てると円買いが少し優勢でした。
またポン円だけ結構下げてるという…。

しかし、為替が平日に動いてないとこんなにも物足りないものなのか。

土日はまあしょうがないですが、平日為替が動かないなんて
大晦日、元旦除いて一年で今日だけだからね。
あれ、2日もだったかな!?

夕方以降、動いてないの分かってるのに何度レートチェックしたことか。

ツイッターのタイムラインも今日はさすがに開店休業状態。
いつものメンツが全然登場しませんでした。


明日のNYタイムから欧米勢は実質新年度相場入りと思っておいていいのかな。

ちょっと身構えておきます。

2016_12
26
(Mon)00:17

さあいよいよ最終週

ドル円、NY終値117.29円。
ポンド円、NY終値144.04円。

いよいよ2016年最終週を迎えます。
といってもOANDAは月曜休場なので、明日はどうすることも出来ませんが…。

調整入るかと思われたドル円は高値から1円ちょっとの下落で、
これ調整か!?と思わせるレベル。
最終週に利益確定売りが入ってくるのか、年始に向けたドル買いが入ってくるのか
注目です。

もっと調整が入ってもおかしくなかった先週の動きを見ると、
やはり120円トライに行きそうな雰囲気ですが、果たして。

問題はポンド円。
高値から4円以上下落しております。
金曜最後に(土曜朝)少しリバりましたが、期末の実需のユーロ買いフロー、
ECBバイトマンが利上げを急ぐべきなどの発言から、先週ユーロが買われました。
もうユーロポンドがムカつく位上げた1週間でした。

さらに来年春と言われるリスボン条約発動を前に再びポンド高に疑心暗鬼といった感じでしょうか。
ポンドルはすでに1.23台を割ってきています。

ドル円120円、ポンドル1.20とした場合のポン円レートは144円。
ちょうど現在水準あたりですから、ポンドルの動向に注意が必要。

ドル円次第ですが、ポンド円は上の方のポジは整理したほうが良いのかもしれません。
ドル円が上げ渋ってポンドルが売り込まれるようなら決断が必要ですね。
とりあえず143円辺りを割れるかどうかに注目しています。


2016_12
21
(Wed)00:12

危うく…

ドル円、現在118.15円。
ポンド円、現在145.58円。

昨日の夜中にトルコでロシア大使が撃たれたとニュースが入ってきて(たまたま起きてました)、
ドル円が一気に下げてリスクオフムードになりました。

こりゃ大事になるかと思い、全ポジ利確しようか一瞬迷いました。

ちょっと様子を見よう&ついでに追加Lが結果的には功を奏した格好。

まあポンド円だけはあまり戻ってませんが…。

今のユロドルが1.03台後半で、ユロポン見てるとユーロよりポンドが売られているのが
イマイチ腑に落ちません。

うーん、なぜだ!?

今日、英CPIの上昇がありマカファティー英金融政策委員がインフレ懸念を示したのは分かるんですが、
それにしてもこのポンド売りは昨日からだしな。

ポン円がドル円よりもポンドルにつられる傾向が強くなっているのが気になります。

2016_12
18
(Sun)02:20

FOMCを終えて

ドル円、NY終値117.87円。
ポンド円、NY終値147.16円。

FOMCが終わりドットプロットは来年3回の利上げを示唆。
ポジティブサプライズでドル円、クロス円ともに急騰しました。

が、一応3時半に目覚ましかけていたのですが、
一度止めてまた寝てしまう始末で、FOMC直後に追加ポジ建てることはできませんでした。

翌木曜のロンドンタイムから追加を入れています。
金曜にポン円はそのレベルまで戻ってきたけど…。

まあとにかく含み益は600万オーバーに達しました!

さて、欧米はそろそろクリスマス休暇に入るとこですかね。
って欧米休暇多くないか!?w
こないだサンクスギビングがあってすでに年内休暇に入るとかあったし、
クリスマスで休暇に入るとか、結局どっちなのよ!

まあそれは置いておいて、
ツイッターのタイムライン見てても、
こうなったら年内120円でしょ派と、クリスマスの閑散期で調整でしょ派に分かれております。

うーん、心情的には上ですが、まあどっちでもって感じですかね。

伸びるならついてく!
調整したら追加する!

年内は利確するつもりは今のところありません。

ただ、ダウが20000つけたらどうなるかってのも気になりますし、
あまり無理する場面じゃないかな。

慎重にいきます。

2016_12
10
(Sat)03:00

ついに115円台!

ドル円、現在115.31円。
ポンド円、現在145.05円。

ドル円が高値を更新してついに115円台。

なかなか調整入らなくて、下げてもたいした下落ではなくて
追加L入れるのに難儀しましたが、不格好ながらところどころ追加しており、
相変わらずドル円、ポン円ともにピラミッティングを続けています。

ポン円は上で大きめの追加を入れてしまって、
ポンドルが下落基調に変化したものだからちょっと気を使いました。

ECBを終えてドル円が上昇してくれたので、それにポン円もつられて助かりました。
もう少しポンドルが頑張ってくれると嬉しいのですが。

含み益は500万に届くかというところまで来ました。

今年は利確しないでトータルマイナスで終えて、来年の税金をゼロにしようと思っています。
今年は160万払いましたからね、結構重かったです。

現在のポジの利確目安は出来ればゴールデンウィーク前まで持って、その時の状況で判断予定。
まあ、あくまで予定ですw
年明けトランプが宣誓を終えて下院で何を議題にするかにもよって変わってきます。
財政改革なら続行しますが、貿易保護なら利確するかもしれません。

あと残る年内のイベントはFOMC、BOE、BOJ。

FOMCのドットプロットによって一時ドル売りが来るかもしれませんが、
まあベタ持ちするつもりです。
来年2回がコンセンサスですが3回になったらドル買いでしょうか!?

BOEはポンドを触ってる以上、気にしない訳にはいきませんが、
これはもう丁半博打。どっちに転ぶか分かりません。

まあとにかくここまで順調と(*^^*)


2016_12
01
(Thu)20:08

順調、順調

ドル円、現在114.32円。
ポンド円、現在143.86円。

口座的にはものすごく順調に推移してます。

今週始めの下落でもっと調整が進むと思ってたんですが、
思いのほか押しが浅く、上手く追加のLポジがとれませんでした。

昨日のOPEC合意で再び米金利が上昇し、ポン円はついにブレグジット後の高値を更新。
思いきって清水ロングしたら今日下がるww
まあ今は先程の上昇で戻してくれたのでいいのですが。

しかし、ついにこんなところまで来てしまいました。
最初にドル円ロング持った時は112円ぐらいまでかと思っていたのが遠い過去になりつつあります。

今日の朝に志摩力男さんのメルマガ配信にこのような記述があったので一部ご紹介します。

~~
素直にチャートを見て、この月足での大陽線の意味するところを考えると、
①ドル円は100円前後で底が入り、今後も上昇が続く。1995年、2012年に匹敵するしっかりとした底
②超大陽線の後は、大概次の月も陽線。12月は120円挑戦となってもおかしくない。
125.86円から98.80円への下げが調整であって、今後大きな上昇波が始まる。
③次の上昇波は125.86円を恐らく超えてくる。単なる直感だが、150円方向が見えてくる。
~~

ひゃ、ひゃく、ひゃくごじゅうえんんんんーーーー!!!

あ、別に志摩さんをディスってる訳ではないですよw
期待に胸が膨らんだのでご紹介しました。
ご本人もあくまで単なる直感と言われてますし。

ドル円が150円なら、ポンド円は…
仮にポンドルが現状レベルの1.26だとしても、、、189円!!!

と、ここまで書いてる間にポン円急騰!
ついに144円台ぶち上げました!

189円までいっけーーー!

あれれ、ブログ書いててまた追加できてない(ノД`)・゜・。
風邪引いたこともあって、せっかく早く帰ってきたのに…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。