2016_01
31
(Sun)22:16

2016年1月 月次成績

<1月成績>
確定損益 : ¥31,234

※スワップは無視します

保有中 : 
USD/JPY 買 60万通貨
EUR/USD 売 30万通貨

1月末時点含み損 : ¥-1,340,384

1月末レート :
USD/JPY 121.12円
EUR/USD 1.0830ドル

<2016年成績>
1月利益 : ¥31,234


え、何これ!?ww
あんだけ激動の1月でしたが利益3万って…。
ちょっとプラスかなと思っていたらここまでトントンとは。
金曜の飛び乗りロングの負け分が痛かったです。

メイン口座の方は70万勝って90万負けって感じです。
シミュレーションと間違えて切ってしまったチョンボのマイナス50万があるとはいえ、
いらん負けが多すぎ(-_-;)

あとは無駄にあせって両建てとかして結果マイナスみたいなのが結構あります。
明らかに動き過ぎ。

デイトレ分で20万ぐらいの利益なので、デイトレ分がなかったらマイナスでした…。
というかスワップまで含めたらマイナスかもww

ああーー(-。-)y-゜゜゜
明日からの展望を考えようと思っていたら一気に萎えました…。

※追記
1月の流れで今年は守りの1年かと思ってましたが、
こうなったら考えるべきは利益の最大化。

マイナス金利の導入で円高抑制になるのなら勝負してもいいかもしれません。
金曜の時点でドル円は追加してますが、もっと攻めてもいいのかも。
狙いはドル円、ドルストレート。

まあみんな考えることは同じでしょうけど…。


スポンサーサイト
2016_01
30
(Sat)07:00

黒田バズーカ第3弾!!

ドル円、NY終値121.12円。
ユーロドル、NY終値1.0830ドル。

来ました!追加緩和!
やはりマイナス金利の導入です。

数日前にチラホラ報道出てたと思うのですが、
サプライズ扱いになってますね。

これを受けてドル円は一気に121円台へ。
2014年の金融緩和時に飛び乗っておけば良かったーと後悔していたので、
今回は飛び乗りドル円ロングしました。

あっさり121円を超えてきたので、安心して逆指値を120円に入れて
デスクに戻ったのですが(仕事中ですw)、戻ってスマホでチェックすると
なんと超絶ナイアガラじゃないですか!

あっさり120円でカットされてマイナス25万ぐらい…。笑えません…。

その後も打ち合わせあり、なんだかんだで仕事をしていると、
今度は120円後半まで持ち直してるじゃないですか!

さっきの下落は何なのよ!とそこからは落ち着いて押し目でロングを入れ始めました。

さて、果たして今回の緩和はいつまで続くのでしょうか?
黒田さんは緩和じゃなくて金利の対応というようなことを会見でおっしゃってましたが、
このマイナス金利効果がどういう影響を与えるのかは未知数です。

ロングしときゃ間違いなかった20014年のイメージにこだわり過ぎると痛い目見るかもしれません。
もちろん130円とか行っちゃう可能性も無きにしも非ず。

慎重に様子見ながら進めたいと思います。

まあとにかく今回のおかげで含み損がかなり減りました。
ドル円Sを保有せずに、ドル円LとユーロドルSというリスクオンポジションだけにしていたので、
個人的には素晴らしい結果です(最初の飛び乗りさえなければ…)。

懸念点はポンド円やオージー円などのクロスがどうなるのかというところ。
いい具合に戻ってきたのですが、果たしてSしていいものかどうか。

今日はデイトレではポンドドル、オジドルをSで回しました。

ドル円も含めて来週からの動きを見極めないとですね。
あとちょっとで含み損が消えるぞ!!!

2016_01
28
(Thu)22:56

いよいよ明日

ドル円、現在118.77円。
ユーロドル、現在1.0924ドル。

今朝のFOMCは世界経済を注意深く見守ると国外要因への
言及があり、ハト派な内容。

まあ大して動きもないと思っていたのですが、
発表時間には一応起きてしまいました。

さて、問題は明日の日銀金融政策会合。

追加緩和があるのかないのか、あるとしたらどういう内容になるのか。
仮になかった場合、中途半端な内容の場合は
円高・株安へまっしぐら。

予想を裏切る緩和策が打てるのか!?

甘利さんの辞任もあり、アベノミクス正念場です。

なんとなく追加緩和しないとヤバいという雰囲気ですが、
果たして市場が納得する策を打てるのか。

ECBではドラギさんが3月追加緩和の言及しましたが、
ユーロはすでに会見時よりも高止まりしています。
つまり円も口先だけでは同じ末路を辿るでしょう。

先月の補完緩和で株を落とした黒田さんですが、
どうでてくるか!?

明日仕事どころじゃなさそうです。

2016_01
26
(Tue)23:53

目まぐるしく変わる流れ

ドル円、現在118.44円。
ユーロドル、現在1.0838ドル。

日中、上海総合が6%以上の下げでいきなりのリスクオフ。
一時ドル円は117.70を割る場面もありました。

117円前半まで行くと日銀の追加緩和が現実味を帯びてくるので、
そこまでいかないだろうと思っていたら、すぐさま切り返し、
ドル円、クロス円とも大幅上昇を見せています。

明日はFOMCがありますがイエレン会見はなし。
声明文に世界情勢がリスクとして記されるかどうかというところ。

それよりも日銀の方が注目です。
にわかにふってわいて来たのがマイナス金利の導入。
今日だけで3回目にしました。

もしマイナス金利導入があればサプライズでドル円は上に飛ぶのでは!?
その前に追加緩和があるかどうかが問題ですが、
マーケットは完全に織り込みに来ているような…。
果たして大丈夫でしょうか。

追加緩和がなければ怒涛の円買い、株安になると思うのでショート入れます。
その時はクロスもまとめてショート入れるかもしれません。

そのためにポンド円、オージー円はもう少し上がっておいて欲しいんですが…。


2016_01
24
(Sun)01:46

どこまで続くか

ドル円、NY終値118.76円。
ユーロドル、NY終値1.0796ドル。
※GMOがメンテナンス中なのでM2JのBidレートです

さて、更新が滞ってる間に流れが変わりました。

まず木曜、ツイッターを見て頂いた方には分かると思いますが、
ECB前にユーロ円を利確しました。約5万の利益w

ドラギの発言内容はハト派になるだろうと思っていましたが、
このことろの相場で反応がどうなるのか分からず、
この時点の含み損が結構あったので万が一を考えて利確。

発言内容は3月に追加緩和の可能性に言及しユーロ安に。
一瞬ユーロ円を処理したことに後悔しましたけど、
ユーロ円はスルスル戻ってECB発表前のレベルを超えていく始末。
利確は正解でした。

ユーロドルは一時1.08を割るも、1.09まで戻して再度下落。
こちらも3月に向けて下落していくものと予想しています。

もうひとつ忘れてはいけないのが、
ECB少し前にあったルー財務長官のドル高容認発言。
ECB前の下攻めの時にドル円Sを入れるか迷いましたが、
入れずに正解です。
この2つが大きくセンチメントを変えたと思っています。

NYダウも初動こそ下落していましたが、原油の上げにつられる形で急騰。
日経先物、翌日の日経も大幅続伸で一気に流れが変わりました。

さて、問題はいつまで続くかということ。
一旦底をうった株式市場、為替市場といったところですが、
中国問題、原油安と根本解決は何もしておらず、
戻りを狙いたい所です。

来週は日銀とFOMCがあります。
FOMCは3月の利上げに向けてどうなのかが焦点。
日銀は追加緩和の有無が注目されます。

一時、もはや追加緩和必須といったところまで市場の期待が高まったため、
追加緩和があればドル円は122-123円レベルまで飛ぶのではないでしょうか。
ただ、やっぱり普通に考えたらナシなので、
戻りを狙うのはそのタイミングでしょうか。

逆を言うとBOJまでドル円は戻りを期待できるかもしれません。

ユーロ円を利確し、ユーロドルが1.08付近まで落ち、
ドル円Lの含み損が大分減ったことで(まだ結構ありますが)、
戦闘能力が戻りつつあります。

1月は儲けるチャンスもいっぱいあったのですが、
目先の動きに振り回されて、
はっきり言って「腰が軽い」ダメなトレードが続きました。

もっと自分はどっしりと構えるスタンスじゃなかったか!?
目先の値動きに惑わされず種を蒔くトレードしないと狩り取れないぞ、
すぐに結果を求め過ぎ、と真剣に反省しております。

ドル円にもはや妙味がなく、ユーロドルも一進一退が続く中、
おぼろげながら次に打つ手も見え始めてきました。
ちょっとその辺りを検証して種まきし、
上半期中には結果を出していきたいと思います。

2016_01
20
(Wed)22:13

大荒れの1日

ドル円、現在116.68円。
ユーロドル、現在1.0900ドル。
ユーロ円、現在127.21円。

いやーー、今日はもの凄い動きでした。
日経632円安、日経CFDもどんどん下げて現在16,249円。

原油が27ドルをつけたことでリスクオフ全開。
日経の下げにつられてジリジリズドンとドル円も116円割れ。
昨日まで底値でSしたと嘆いてたのですが、
あっという間に救われました。

そして、なんとなんとユーロ円もドル円につられて下落!
プラス転換しましたが、今は少し戻してます。
また、ユーロドルがドル円の急落にも関わらず、
1.0970半ばとほとんど上げずに耐えてくれました。
その後ユーロドルは1.09割れまで下落。

私にとってはベストな展開。

で、ポジションがどうなったかというと、
ドル円Sは利益になったところで、逆指値をセットしました。
するとレートチェックのニュースにいきなりの急騰。
50pipsぐらい余裕があったんですけど、微益で逆指値に引っ掛かりましたwww

117円近くまであのタイミングで戻すとは夢にも思わず、
下攻めるだろうと利確しなかったのが裏目に出ました。
まあでもマイナスにならなかっただけ良しとします。
とりあえずドル円Sはもう少し上で入れ直そうと、
今はいつくるか分からない下落にハラハラドキドキしながら入り所を探ってます。

ユーロ円Sはもっと下落してくれると思っているので、
現在も放置です。これだけ苦しめられて微益では気が済みませんw

ユーロドルSはそのまま。
あのドル円の下落に1.10も届かなかったところを見ると、
ユーロドルは本当に1.10が天井なのかもしれません。
期待を込めて(まだ含み損なので)S放置です。
明日ECBですし。

デイトレの方は昨日からポンド円S、オージー円Sを入れていて、
気付いたらプラスになっていました。
調子に乗って2回転ぐらいしてます。お小遣いとしては上々です。

しかし仕事中、客先で打ち合わせ中に下落があったもので、
打ち合わせ後にレートを見てびっくりしました。

日経もダウもここ数日の動きはヤバいですね。
為替も当然戻り売り目線でいるので上げたら売りますが、
日経は心配になってしまいます。
今年は本当にリーマン並みの下落になってしまうのでしょうか!?

ツイッターでフォローさせてもらってる方が
日経先物で6400万のロスカットになったとありました。
有名人らしくよくネタにされてる方なんですが、
一言も愚痴を言わず、それどころか、
「いくらあなたが損しても上には上がいる事を忘れないで頑張ってくださいね」というツイート。
損失も凄いですが、その男気にリスペクトです。

2016_01
18
(Mon)23:46

不安

ドル円、現在117.29円。
ユーロドル、現在1.0897ドル。
ユーロ円、現在127.84円。

今日のオープニングは一瞬下落したものの、
すぐさま値を戻し、その後東京時間はジリ高。

先週末のNYダウの16,000ドル割れや日経先物の16,800円割れで
日経は大幅下落すると思っていたので、為替ももう少し下げると思っていたのですが…。

いや、日経は下げたんですけど、上海が突然上がってきました。
おかげでクロス中心に値を戻す展開に。

何が問題かと言うと、土曜のNYクローズ間近にドル円Sを一回利確して、
S入れ直すタイミングを見計らっていたんですよね。
それで週明けは下落で始まるだろうとドル円Sを再度入れたのです。

それが予想外に下落幅が少なく値を戻す展開。
つまりは、ほぼ底値でSを入れてるわけです。

ここ数年は下がれば買いの相場でした。
しかし、今は戻り売りの相場だと思っていて、
月曜オープニングの急落も考えられた以上、S入れ直したことも納得している訳ですが、
やっぱり少し耐えれば含み損を減らせたんじゃないか、
というタラレバの思いが出てくる訳です。

これだけ下げたのだから、少しは戻すってことも分かっています。

ところが今日はオマーンが減産の用意があると言って原油が30ドルに戻し、
資源国通貨は上昇し、その割にはユーロは下落せず。

追加緩和を否定した日銀に対して、
追加緩和不可避的な市場のムードも醸成されつつあったり、
ファンダメンタル的に問題ない日本の株がここまで売られるのはおかしい(正論ですが)
という株高説も説得力があったりで、
何やら風向きが変わってきたか、と不安になっております。

ひょっとして底Sを掴んだのか、
そしていつまでも彷徨い続けるユーロに対して見方が間違っているんじゃないか、と。

ユーロはECB議事要旨で追加緩和期待を高める話が出てきましたので、
21日のECBドラギ会見に期待したいと思いますが、
果たしてどうなることやら。

何か書きたいことがいろいろあるんですが、
今日は上手くまとまりません(-_-;)

2016_01
16
(Sat)08:37

1月前半戦を終えて

ドル円、NY終値116.97円。
ユーロドル、NY終値1.0916ドル。
ユーロ円、NY終値127.70円。

金曜は日銀の追加緩和否定が出てリスクオフ。
夜はNYダウが16,000を割り大幅下落。
原油は30ドル割るわ、ドル円は117円割るわでリスクオフ全開でした。
日経先物も16,800を割って引けています。
セリクラ感はまったくないですが…。

日銀(政府)は夏の参院選まで切り札を取っておきたい意向も分かりますが、
これ放っておいていいんでしょうか!?
結構シャレにならない事態になりそうな気もします。

まあ追加緩和しろってことじゃないんですが、
何かセンチメント変えるようなことしないと、
中国と原油に引っ張られちゃってなんかバカバカしい感じがします。
(特に中国)

まあ日銀単体じゃ無理でしょうけど…。
よく言われる金融政策の限界に来ているのかもしれませんね。
そういえば昔、協調介入なんてありましたね。

私のトレード手法はそれこそ金融政策の相違とか大きなテーマを基としてポジション作って
流れが出てくるのを待つという手法なので、今の状態はあんまりよろしくありません。


さて、そんなこんなで1月も半分終わりました。

今思えば、最初の1週間ははっきり言ってボーナス相場。
単調なリスクオフ相場でユーロ買いもなく、ここで稼がないで何時稼ぐという年初でしたけど、
あんまり稼げていませんw

2週目は難しかったですね。
市場のセンチメントがすぐ変わる目まぐるしい相場でした。

確かツイッターでもつぶやいたんですが、
こういう時はどっしり構えていないとヤラれる相場でした。

そう言う自分もどっしり構えていられなくて、
ユーロドルを両建てにしてみたり、何度かドル円Sを利確してさらにS入れ直したり、
自分的には結構激しく動いてヤラれましたww

問題はM2Jの手数料とスプで10pips以上持っていかれることで、
例えばユーロドルが急騰した時に1.090でユーロドルLを入れたつもりが
1.0915とかで約定されていて、何じゃそらって感じで凌ぐのが大変でした。
30万通貨の15pipsって結構デカくて本当大変なんです。

結局、無駄な損切りも多く、おまけに1週目にチョンボのマイナス50万があるので、
1月ここまでの収支はほぼトントンです。

ユーロ円が利益になってきてくれたら(そろそろ期待し始めました)、
様子見て、仮に伸び悩むようだったら利食って、
資源国通貨AUD/JPYに持ち替えようかとも思っています。

ちなみにデイトレの方はあんまりやれておらず微益って感じです。
ランド円は結構落ちてきてしまったので微益で利確しましたw
ポン円でチョコチョコ遊びがてらって感じですかね。

とにかく大変な2016スタートでしたね。

2016_01
15
(Fri)00:19

今日は小動き

ドル円、現在117.50円。
ユーロドル、現在1.0909ドル。
ユーロ円、現在128.18円。

ユーロがECB追加緩和期待の後退で上げてしまいましたが、
その後にECB議事要旨で若干戻る形に。

現在の相場でユーロは主役ではないのは良く分かっていますが、
この行ったり来たりはいい加減にして欲しいものです。

株の方は日経もダウも凄いですね。
仮に手を出していたら間違いなくヤラれてる相場です。

黒田さんがフランスでの公式行事の出席をキャンセルして
急遽帰国の途についたとありましたが、何か動きがあるんでしょうか。
日経16,800円は防衛ラインとのことですが、
日銀追加緩和なんて話も上がってきそうです。

今日は昨日、一昨日よりは小動きな感じで落ち着いていますね。
これからどうなるかは分かりませんがw

2016_01
12
(Tue)02:19

リスクオン→リスクオフ

ドル円、現在117.45円。
ユーロドル、現在1.0882ドル。
ユーロ円、現在127.80円。

今朝がたオープニングの薄商いでランド円が急落しました。
一応目覚まし7時にかけてベッドでスマホで見てたのですが、
ついでなのでランド円をLしてみました。

ランド円取引は初めてですw
今までほとんど見てなかった通貨なので
要領がよく分からず少ロットのみ。とりあえず放置してます。

ランド円の急落もあって一時はリスクオフも一旦底打ちかと思われ
日中はリスクオン。ドル円は118円まで戻しました。

NYに入ってから再びリスクオフ。
ユーロがイイ感じで下落してきたのですが、現在はちょっと戻してます。

やはり基本はリスクオフと思っておいたほうがいいんでしょう。
ダウも伸び悩んでますし、明日の日経もどうなるか分かりません。

こういう時こそちょっと俯瞰で見ないといけないと思うのですが、
見れば見る程ドル円Lが足を引っ張ってますw

ドル円は土曜の朝方に完全両建てにしているのでまあいいんですが、
やっぱり問題を先送りしているだけであって解決にはなっていませんね。

ユーロが下落してくれればまだ望みも出てくるのですが、
いったりきたりで方向性なし。
一時ユーロ円は損益分岐点まで達してくれたんですが、
そこから戻してしまいました。
徐々に下げて来てはいるので希望は持っていますが果たして…。

ダウが伸び悩むのを見ていて、
そういえばウチの親父も株やってるけど大丈夫か!?という
疑念が今更気沸いてきましたww
先週の下落で損してなきゃいいけど。