2015_03
31
(Tue)22:54

2015年3月 月次成績

<3月成績>
確定損益 : ¥0

※スワップは無視します

保有中 : USD/JPY 買 100万通貨
3月末時点含み益 : ¥4,865,800
3月末レート : 119.91円(22.30現在)
エントリー回数 : 0回
エグジット回数 : 0回

<2015年成績>
1月利益 : ¥2,204,100
2月利益 :       ¥0
3月利益 :      ¥0

合計利益 : ¥2,204,100

はぁ(-_-;)
先月とほとんど変わっておりません…。
完全放置の3月でした。

予定では3月中にドル高が一旦ピークを迎え、124円ぐらいまで上昇し、
117円より上のロングを利確!その後、調整見込んでショートを投入!
ってシナリオでしたが、やはりそう簡単には行かないですね。

3月初旬こそ強い雇用統計をきっかけにドル高機運が高まりましたが、
122円まで。その後FOMCでドル高牽制が入り、ドル高調整がそのまま続きました。

イエレン慎重過ぎだろ~って言いたくなります。
日銀の追加緩和も統一地方選のせい(!?)で封印されたようなイメージで、
政策的なタイミングもロング派には悪かったですかね。

おまけにクロスが弱い弱い。
英国のファンダはあんまり追いかけてないのでよく理解してませんが、
ポンちゃんどうした!?って感じです。
殺人通貨と言われたポン円が勢いよく上がってくれれば
ドル円も勢いづくんですかね!?

まあでも何となくですが、ドル高になっていくのではと思います。
120円より上はショートも織り交ぜて行こうかな。

とにかく新年度からのドル買い需要に期待!

スポンサーサイト
2015_03
30
(Mon)23:24

シミュレーション中

週明けのシドニー市場から小動きでしたが、
16:30に中国人民銀行が重要発表をするというニュースが流れ、
そこからジリジリと上げてったドル円。

結局何の発表もなかったのですが、そのまま勢いづいて120円タッチまでありました。
現在少し押されて119.88円。

くるくるワイド何となく理解してきましたが、出口で利益が小さくなるのが気になり、
違う形を検討中。

でも何となくこれからの戦略のヒントにはなった気がします。
もう少しシミュレーションしてみます。

2015_03
28
(Sat)01:01

くるくるワイド

119.50円まで上昇したものの、再び119円まで下落。
現在119.15円。

なかなか下押し圧力根強いですが、119円は固い模様です。

こういう相場ではやっぱりショートも織り交ぜたい。
だけどガツんと大量ロットでショート張る勇気もない。

ということで、ふと思いついて「くるくるワイド」を検討中。
くるくるワイドと言えば有名なFXブロガーの方がいらっしゃいますね。

ちょうどM2Jでやってる訳ですし(^_^;)
せっかくだからすっかり止めていたトラリピ機能にも働いてもらいましょう!

いまいち理解してないので、これから勉強します(^_^;)

2015_03
26
(Thu)23:21

ドル円切り返し中!

おっと、今日は昼から下落一途を辿り、
一時118.33までありました。現在戻して119.12円。

米10年国債利回りが上昇中ですね、助かりました。
確かに切り返してきていますが、これはもう少し上がっておかないと心配です。

期末ですし株の下落はしょうがないとして、
ここまでつられるとは思っていませんでした。

やっぱFOMC前に利食っておくべきだったな~(>_<)
後手に回っています。

いや、タラレバ厳禁。ないものは数えない。
じゃないと今あるものを見失いますからね。

ユーロドルも昨日の予想通り、1.1000を越えて1.1040で失速。
この時にエントリーすべきでしたが、
仕事中のためそんなタイミングがあったことを後から知る始末(^_^;)

おお、書いてる間にドル円戻してます。119.20円。
日足の下ヒゲが長くなってきました。
今日はセルクラだったのか!?

ちなみに株の世界では確か今日は配当権利最終日なはず。
明日は権利落ち日なので、もう一段日経平均は下がるか!?

明日は日経につられませんよーに(>_<)

2015_03
25
(Wed)23:01

今日も様子見

昨日の書き込みから値を戻し、
一時120円タッチもありましたが、現在119.44円。

ユーロドルも1.1000を上限に上げ渋りですが、
ここらでドル売りも鎮まって欲しいところ。

公的資金のドル買いも底堅く支えてくれてます。
日足のRCI9日線が底に着きそうですが、ここから切り返してくれれば
もう少し上で推移するようになるかもしれません。

もっとも日足の形自体はあまり良くないので、
ここからRCI9日線が底這われるとやっかいですが(^_^;)

ドル高調整なかなか根強いですが果たして!?

とりあえず今日も放置です。
このままでは3月は完全なる放置の1ヵ月となりそうです(笑)

試しにユーロドルの売りを検討中。
1.1000を越えてある程度上昇して、頭が抑えられるようだったら
いってみようかな。

2015_03
24
(Tue)21:57

ドル高調整引き続き

う~ん、すでに主役はユーロではなくドルへ。
現在119.32円。

ドル高調整続いてます。

米CPI上振れで一瞬119.70辺りまで行ったのにな~
すぐさま下げて来てます。

昨日このまま持ち続けると言っておきながら、
119円台Lを利確するか迷い中(^_^;)

↑迷うってことはそろそろ底だったりして(笑)

2015_03
23
(Mon)23:12

調整入りか!?

あらら、週明け月曜はユーロ買いが続いてユーロドル、ユーロ円が
勢いよく上げています。連れてドル円は下落、現在119.63円。

どうやらハト派FOMCの影響は続いており、調整に入ったかもしれません。
完全に判断を誤りましたね。

違和感に寄り添って、FOMC前に117円より上のポジションだけでも
利確しておくべきでした。
目先の天井は124円ではなく122円だったのかもしれません。

と、まあ愚痴っても仕方なし。
都合の良い利益の皮算用を優先し、自分の感覚に従えなかった。
明らかにミス。認めます。

しかし、さすがにここまで下げると逆に気軽になります。
こんなとこじゃ間違っても利確出来ません。

また長い調整期間を我慢するのは避けたかったのですが、
もしそうなっても仕方なし。

つき合いますよ、こうなりゃ130円まで(笑)

ユーロ買いが続くとはあんまり思えないし、
ドル円の下値はそれほど深くないと思っています。

ただ…、ここにきて、またかよっ!!って感じで
再びギリシャが不安材料ですが(-_-;)

国庫に金がないって、もはや国としてアリなのか!??
何かネガティブなことがあればユーロ売り、ドル買い、円買いってとこでしょうか。

Grexitだけは避けてほしいところ。
ドイツ本当にお疲れさん。
嫌だとは思うけど世界経済のためによろしく頼むよ。


2015_03
21
(Sat)01:50

FOMC後

FOMC会見直後に119.27まであったドル円、
その後ジリジリ戻して121円まで回復も、現在再び押されて120.24円。

昨日はブログ更新出来ませんでした。

結局FOMCの内容的にはペイシェントが削除され、ある程度予想通りでしたが、
ドル高牽制もありハト派寄りと判断されドル安に。

ユーロドルのショートが溜まりに溜まってたのが一時的に吐き出された感じでしたね。
それにつられてのドル円の下げ。

FOMCは相場の方向性を変える力をもつイベントですが、
今回はそうではなかったと思われます。
今日は再び下げてますけど。

FOMC前のブログを読み返すと、
直前の緊張感と夜中に書いてるイレコミがあわさって何だか笑えます。

まあ、FOMCきっかけで調整入ることも充分可能性としてはあった訳で、
(まだその可能性も残ってますが)ちょっとナーバスになってました(^_^;)

しかし、為替ミッドナイト何だか気に入ってしまいました。
ブログタイトル変えようかな(笑)

なんたって湾岸ミッドナイトは名言の宝庫ですからね、
これからもちょくちょく織り交ぜていこうと思います。

さて、現状は相変わらずポジション持ったままですが、
これからどうしましょうかね。

3月中には決済しようと思ってましたが、
FOMCで流れが変わらなかった所を見ると、
なんだか分からなくなってきました。

書いてる間に120.08まで下落。
う~ん、ギリシャ国債利回り低下で米国債利回りも低下!??
今までそんな連動性あったか!?(-_-;)

2015_03
19
(Thu)00:16

為替ミッドナイト

FOMCイエレン会見を数時間後に控え121円を割り、現在120.98円。

なにやらピリピリした感じの動きで、
緊張感が伝わってくるような相場です。

もしかしたら本当に勝ち続ける人というのは、
こういう時に相場からキチンと降りられる人なのかもしれない。

昔読んだ、と言うか単行本全巻持っているほぼ哲学書と言ってもいい漫画、
湾岸ミッドナイト(笑)のあるシーンのセリフを思い出します。

「これ以上は恐くなったみたいよ」

「ああ、そういうの大事だよね。ああいう極限まで行ってる状況の中で、
キチンと自分の気持ちを認めること」

「この世界のルールはひとつだけ。乗るのも降りるのも自由だ」

確かこんな感じだったと思います。

私は今100万通貨持っていて、
ある程度の含み益を保有し相場に参加してる。

今日のFOMCで下に振れれば、1円あたり100万もの金額がマイナスになるかもしれない。
3円振れたら300万。

でも、上に振れればその逆も狙える。
昨年からポジション持って長い時間に耐えてきたじゃないか。
今程度の利益で妥協して降りられるかよ、とも思う。

でも、もともと最近の相場に何か引っかかるものを感じていて、
近いうちに手じまいしなきゃと思っている。

今日、今この瞬間にその違和感に寄り添って降りるべきなのか、
それとも今日はまだアクセルを踏んでいても生き残れるのか。


……ええーい、行ったれ!
可能性がなきゃ生きては行けないんだ。

仮に逆の結果になっても甘んじて受け入れるよ。

またしても湾岸ミッドナイトから。(単行本引っ張ってきました)

「たとえば大事な答えとかそーゆーのって、
いつも扉の向こうにあるものだろ。誰も開けてくれないよな。
自分で開けてこそわかる答えだし。
何でもできるその中にいて、何もしないこともまたアリだし、
すべては本人次第だ」

「動いた奴にしか見えない景色ってのがあるんだ」

さあ、こい、答えは…、3時間後。

2015_03
18
(Wed)00:06

FOMCを控えて

米指標強弱まちまちで一時121.10円まで。
現在121.26円。

昨日とまったく同じパターンですね。

昼にあった黒田総裁の記者会見は無風でした。
特に目新しい要素はなし。

明日はいよいよFOMCイエレン会見です。

会見がハト派になったときの対応ですが、
半分ポジションを利食ってしまおうかと思いましたが、
現段階ではそのまま持っておこうかと思っています。

そもそも出口戦略を考えなければと思った理由は、

①もともと春先の124円を想定していた
 →すでに3月中旬で現在値を考えるとペースが遅い

②利上げ前に調整が入ると思っている
 →当初6月の利上げを想定した時、4~5月は調整期間と想定していたが、
  すでにいつ入ってもおかしくない

③日経の調整がいつ入ってもおかしくない
 →日経が急激に上げ過ぎ。これ程の為替との相関性の薄れは想定外

④ダウの調整が気になる
 →利上げ観測が高まればダウに調整入ると思うが、これが本格化してしまうと恐い

⑤調整になった時にポジション保有したままだと、とにかくじれったい

という理由でした。

FOMCをきっかけに調整入ったら最悪だと思い、利食いに食指が伸びたのですが、
逆に明日をきっかけに124円を目指し、その後調整という展開もありな訳で…。

勝手に想定していた124円にこだわるのは愚かなのは分かっているので、
必ずしもそこまで待つ訳ではありませんが、
現在値よりもう少し上で利食いたいな、と。

ただ、そろそろ一旦手仕じまいしたほうが良いかなとも思うので、
明日はスルーしたとしても、3月中にはある程度利食いたいなと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。